波形の比較ができるViewerについて

現在、500Aでは波形の比較ができるViewerプログラムはここまで完成しております。
その途中段階をご報告します。
ただし、他社カルテとの連動を考慮していたため、仕様はASP型となっております。
画面は現在と過去をViewerで比較したものです。

波形の比較画面

左が現在のデータ、右が過去のデータ

ASP型の場合、イントラネットを通じてPC-ECGのデータにアクセスする方法となります。
その上で、PC-ECGを使用しているパソコンに、Windows上で動作するIIS(Internet InformationServer)を立ち上げる必要があり、設定が複雑になってしまいます。

設定イメージ

ASP型サービスにてIISを設定したViewer機能のイメージ

現時点ではViewerとしてはほぼ完成状態にありますが、仕様の面で、まだ充分な検討をしなくてはいけません。
プログラムを提供できるまで、もうしばらくお待ち下さい。

竹内 仁史 の紹介

三栄メディシス株式会社 代表取締役社長
カテゴリー: PC-ECGの全貌 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です