ファイリングソフト「MY POCKET」との連携

横浜循環器呼吸器内科クリニックの院長、松村紳一郎先生が開発された医療機関用のファイリングソフト「MY POCKET」と「ECG Explorer 500A」の自動取込みによる連携が可能となりましたので、方法について紹介させていただきます。

設定方法

設定方法について
「ECG Explorer 500A」の設定
① PDF/Jpegの自動画像出力を選択します。
システム設定

② 「検査を始める前に患者情報を入力する」にチェックを入れます。
システム設定画面

ファイリングソフト「MY POCKET」と「ECG Explorer 500A」の連携ツール、「しめ鯖君」の設定
しめ鯖君

自動取込みの流れ
①「ECG Explorer 500A」でIDを入力し、心電図検査を開始
患者情報画面

②心電図取込み
心電図

③「MY POCKET」(リスト)画面
「MY POCKET」の同じID番号の患者リストに心電図(PDF/Jpeg)が自動的に取り込まれます。
MyPoket

④PDF/Jpegを選択して開くとすぐに心電図レポートが表示されます。
心電図レポート

竹内 仁史 の紹介

三栄メディシス株式会社 代表取締役社長
カテゴリー: 休憩室 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です